市議会議員選挙

島原市議会議員選挙 開票結果速報2019|立候補者と当選者・情勢予想も紹介

こちらの記事では任期満了に伴い2019年6月2日に執行される長崎県島原市議会議員選挙(島原市議選)の開票速報と開票結果についてご紹介しています。

開票結果はNHKなどの出口調査・開票速報などが発表され次第速報ベースで追記していきます

 

2019年の島原市議選は定数19に対して21名が立候補しています。

5月25日時点での有権者数は3万7990人とのことですが、果たして結果はどのようになったのでしょうか?

 

それでは島原市議会議員選挙の開票結果速報、立候補者一覧、当選者得票数、情勢、投票率などについてご紹介致します。

島原市議会議員選挙|2019年の開票結果・開票速報・当選者・NHK出口調査情報

開票結果は、NHKや地元選挙管理委員会による出口調査、開票速報が発表され次第記事を更新致します。【以下、確定済み情報】

結果得票数氏名党派
当選975林田 勉自民
当選1,463.00永尾 邦忠公明
当選912松坂 昌応無所属
当選894松井 大助無所属
当選1,178.00森園 浩太郎無所属
当選1,452.00永田 光臣自民
195.00磯野 浩無所属
当選1,087.00馬場 勝郎自民
当選1,190.00種村 繁徳自民
当選1,027.00本多 松弘無所属
当選1,089.00上田 義定自民
当選1,139.00本多 秀樹自民
当選820.00本田 みえ無所属
当選1,926.00楠 晋典無所属
当選991.00本田 順也自民
当選1,281.00馬渡 光春自民
当選1,401.00北浦 守金自民
713.00島田 一徳共産
当選1,135.00草野 勝義無所属
当選1,158.00生田 忠照自民
当選918.00浜崎 清志自民
  • 定数・立候補者数:19 / 21
  • 有権者数:27,223人
  • 投票率:62.26%

島原市議会議員選挙|2019年の立候補者による選挙情勢

以下は2019年島原市議会議員選挙に立候補した候補者名一覧です。

次に今回の島原市議選の情勢について見ていきましょう。

 

まず今回の市議選は定員19に対し21人の立候補がありました。

現職18人、新人3人の戦いで、党派別では、自民11、公明1、共産1、無所属8。

男女別では男性候補者20人に対し女性候補は1人です。

 

世代別人口分布をみると、18歳から25歳までの人口の落ち込みが顕著な島原市。

大学や専門学校が通学圏にすくないため、町を出る人が多いのでしょう。

40代あたりから全国平均においつき、追い越していきます。

つまり高齢化問題は必然であり避けられない市の課題です。

 

人口構成の割に立候補者の平均年齢は62.2歳、40歳代が5人立候補(現職3,新人2)されていて、比較的政治分野においては若い印象を受けました。

 

反対に、新人で82歳の磯野浩氏に注目です。

82歳にして立候補した理由や詳細は不明ですが、頑張っておられますね。

 

前回の島原市議選の投票率は66.54%と、日本の選挙投票率においては高水準値を記録しています。このことは市民の方々の意識の高さが伺えますとも言えますよね。

以下はそんな前回(2015年)の島原市議会議員選挙の開票結果情報です。

結果得票数氏名年齢性別党派
2601楠 晋典39無所属
1638永尾 邦忠62公明
1588永田 光臣64自民
1509馬渡 光春62無所属
1463北浦 守金65自民
1372上田 義定43自民
1367種村 繁徳63無所属
1290.84本多 秀樹68自民
1279馬場 勝郎69自民
1205.09本田 みえ54無所属
1159林田 勉57無所属
1118草野 勝義56無所属
1111生田 忠照55自民
1066中川 忠則69無所属
1050松坂 昌応61無所属
986浜崎 清志61自民
878.438本田 順也42自民
779松井 大助73無所属
749島田 一徳67共産
737.624本多 松弘44無所属
214池田 文彦56無所属
  • 告示日:2015年5月24日
  • 投票日:2015年5月31日
  • 定数 / 候補者数:19 / 21
  • 執行理由:任期満了
  • 有権者数:38,122人
  • 投票率:66.54%







島原市議会議員選挙2019|選挙日程や期日前投票など

島原市議会議員選挙2019の選挙日や期日前投票情報については以下の通りです。

地元有権者の方は棄権すること無く選挙に行きましょう。

選挙日(投票日)
2019年6月2日
投票時間
午前8時から午後8時まで
告示日
2019年5月26日
投票所
投票所入場券記載の投票所
期日前投票情報
基本的には告示日翌日から投票日前日まで

長崎県島原市の特徴

最後に島原市の特徴を簡単にご紹介します。

 

島原市は雲仙岳を西にのぞむ長崎県南西部に位置します。

有明海対岸には熊本市が位置し、人口は約45000人(2015年国勢調査)の、ゆったりとした印象の町です。

 

名所・旧跡は、島原城と雲仙岳が有名で、お城のような作りが特徴の島原駅を降りると、目の前にそびえる島原城。

島原城は松倉重政が1618年より7年の歳月を費やして築城したもので、白亜五層の天守閣は見るものを圧倒します。

 

松倉重政は江戸初期の大名で、領内キリシタンの弾圧が有名です。そして天草四郎の島原の乱は発生。悲しい歴史を刻んでいます。

雲仙岳は初夏はミヤマキリシマ(ツツジ)と、秋には山々の紅葉と麓の町並み、有明海と一望できる景色は壮大です。雲仙岳は雲仙市ですが、島原外港からバスが出ています。

島原市民のアクセスは、鉄道は島原鉄道が島原市からJR諫早駅まで接続しています。所要時間69分、1時間に1本程度なので、便利とは言えないですね。

 

1993年に対岸の熊本港と航路開設され、高速フェリーで所要時間30分です。市民の生活が一変したのも頷けます。

福岡市へも高速バス「島原号」が出ています。島原駅前から諫早市市街地を経由して福岡市(天神)まで所要時間3時間です。福岡までの最安値となっています。

福岡市へのアクセスには「三池島原ライン」も便利です。島原~三池を高速船、三池~大牟田を連絡バス、大牟田~福岡(天神)をJR九州と乗り継ぎ、所要時間は50分です。

島原号より割高ですが、手段が選択できるのはありがたいですね。

同日執行の選挙

島原市議会議員選挙2019と同日に執行される主な選挙は以下の通りです。選挙名をクリックして詳細をご確認ください。

参議院選挙2019特集
error: Content is protected !!