参議院選挙

参議院選挙2019【東京都選挙区】当落予想|立候補者一覧と最新情勢まとめ

こちらの記事では参議院選挙2019における東京都選挙区の当落予想や立候補者名一覧などの最新情勢をまとめていきます。

7月には参議院議員選挙が行われます。

東京都選挙区の改選数は1名増えて6名に。

選挙戦はどのように変化するのでしょうか?

それでは、参院選2019東京都選挙区の立候補者や当落予想をご紹介します。

参議院選挙2019【東京都選挙区】の立候補者名一覧

こちらの情報は記事作成時点での予想される顔ぶれとなります。立候補者一覧情報は最新情報が入り次第随時更新していきます。

東京都選挙区の立候補者

丸川 珠代(まるかわ たまよ)の経歴やプロフィール

出典元:https://pbs.twimg.com/

  • 名前:丸川 珠代(まるかわ たまよ)
  • 現年齢:48歳
  • 性別:女
  • 党派:自由民主党
  • 肩書き:参議院議員
  • 学歴:大阪教育大学教育学部附属高等学校池田校舎、東京大学経済学部経営学科卒業
  • 職歴:テレビ朝日アナウンサー、参議院議員(2期)

現職の丸川珠代氏は、1971年1月19日に兵庫県神戸市で生まれます。

大学卒業後、テレビ朝日に入社し、アナウンサーとして「朝まで生テレビ」など多くの番組を担当。

2007年に退職し、同年の参院選に自民党公認で東京選挙区から出馬し初当選。

2013年の選挙では選挙区トップの得票で再選を果たします。

第3次安倍第1次改造内閣で環境大臣及び内閣府特命担当大臣(原子力防災)、第3次安倍第2次改造内閣では国務大臣(東京オリンピック・パラリンピック競技大会担当)を務めました。

主な公約・政策主張

丸川氏が掲げる「6つの主張」の柱は以下のとおり。

  • 主張その1
    若者の働く力が社会を支える日本に!
  • 主張その2
    子育てと働くことを両立できる日本に!
  • 主張その3
    年金だけでも安心して暮らせる日本に!
  • 主張その4
    地域に仕事とにぎわいを!
  • 主張その5
    東京をグローバル拠点に!
  • 主張その6
    日本の自主・自立・自尊を取り戻す!

武見 敬三(たけみ けいぞう)の経歴やプロフィール

出典元:https://pbs.twimg.com/

  • 名前:武見 敬三(たけみ けいぞう)
  • 現年齢:67歳
  • 性別:男
  • 党派:自由民主党
  • 肩書き:参議院議員
  • 学歴:慶應義塾高等学校、慶應義塾大学法学部政治学科卒業、慶應義塾大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了、同博士課程単位取得満期退学
  • 職歴:東海大学政治経済学部(助手→講師→助教授→教授)、参議院議員(4期)

日本医師会会長を務めた武見太郎氏の三男である武見敬三氏は、1951年11月5日に東京都で生まれます。

慶大から同大学院を経て、東海大学政治経済学部で教鞭を取ります。

その傍ら、「CNNデイウォッチ」のキャスター、テレビ朝日「モーニングショー」のメインキャスターを務め有名になります。

1995年、2001年の参院選に自民党の比例代表で当選するも、自民党への逆風が吹いた2007年の選挙で落選。

ところが、義家弘介氏が衆院選鞍替えによる辞職に伴い、2008年11月に繰り上げ当選。

2013年の選挙では東京都選挙区から出馬し、4選を果たします。

主な公約・政策主張

「何歳になっても安心して暮らせる、 活力ある健康長寿都市”東京”」をテーマにおく武見氏が掲げる政策の柱は以下のとおり。

  1. Live 多世代で支えていく社会に
  2. Healthcare 働き世代の未病対策でヘルスケアを充実
  3. Mobility 交通インフラのアップデートで便利な移動を
  4. Safe ソフトとハードの強化で災害に強い都市に
  5. Enjoy 世界一の食・文化・スポーツの都へ







山口 那津男(やまぐち なつお)の経歴やプロフィール

出典元:https://pbs.twimg.com/

  • 名前:山口 那津男(やまぐち なつお)
  • 現年齢:66歳(※7/12~ 67歳)
  • 性別:男
  • 党派:公明党
  • 肩書き:参議院議員(公明党代表)
  • 学歴:茨城県立水戸第一高等学校、東京大学法学部卒業
  • 職歴:北・木村法律税務事務所勤務、衆議院議員(2期)、参議院議員(3期)

現職で公明党代表の山口那津男氏は、1952年7月12日に茨城県那珂郡那珂湊町(現・ひたちなか市)で生まれます。

大学卒業後、26歳で司法試験に合格し、1982年に東京弁護士会に弁護士登録。

1990年・1993年の衆院選に公明党公認で旧東京都第10区から出馬し、当選。

1996年・2000年の衆院選で東京都第17区から出馬するも落選した後、参院選に鞍替え。

2001年・2007年・2013年の参院選に東京都選挙区から出馬し、当選を重ねます。

2009年9月から公明党代表を務めています。

主な公約・政策主張

スローガンは、「生活者の声 日本の政治の真ん中に」

政策の柱は以下のとおり。

  • 庶民の暮らし守り抜く
  • 平和外交の先頭に
  • 東京の未来を開く

吉良 佳子(きら よしこ)の経歴やプロフィール

出典元:https://pbs.twimg.com/

  • 名前:吉良 佳子(きら よしこ)
  • 現年齢:36歳
  • 性別:女
  • 党派:日本共産党
  • 肩書き:参議院議員(日本共産党中央委員、書記局員)
  • 学歴:高知県立高知追手前高等学校、早稲田大学第一文学部(日本文学専修)卒業
  • 職歴:宝印刷勤務

<簡単な経歴3行程度で>

現職の吉良佳子氏は、1982年9月14日に高知県高知市で生まれます。

日本共産党所属の高知県議・吉良富彦氏を父親に持つ吉良氏。

大学卒業後、印刷会社を経て、2009年に行われた東京都議選に豊島区選挙区から日本共産党公認で出馬するも、落選。

2013年の参院選に東京都選挙区から出馬し、「共産党のアイドル」として注目を集め、3位で当選を果たします。

主な公約・政策主張

吉良氏は、参院選にかける思いを次のように述べています。

「学費引き下げ、奨学金の返済救済はまったなし。誰もが安心して働けるためにも時給1500円以上の実現も訴えていきたい」

山本 太郎(やまもと たろう)の経歴やプロフィール

出典元:https://pbs.twimg.com/

  • 名前:山本 太郎(やまもと たろう)
  • 現年齢:44歳
  • 性別:男
  • 党派:れいわ新選組
  • 肩書き:参議院議員(れいわ新選組代表)
  • 学歴:箕面自由学園中学校卒業、箕面自由学園高等学校中退
  • 職歴:タレント・俳優、参議院議員(1期)

現職の山本太郎氏は、1974年11月24日に兵庫県宝塚市で生まれます。

高校在学中に出演した「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」の「ダンス甲子園」でのパフォーマンスで一躍有名になり、中退して芸能界へ。

タレントから俳優に転向し、ドラマや映画など数多くの作品に出演します。

その傍ら反原発活動を開始し、2012年の衆院選に東京都第8区から無所属(日本未来の党・社民党支持)で出馬するも落選。

2013年の参院選に東京都選挙区から無所属(生活の党、社会民主党、緑の党、新社会党支持)で出馬し、初当選を果たします。

その後、「生活の党」(→「生活の党と山本太郎となかまたち」→「自由党」に党名変更)に入党するも、今年4月に離党し、自ら新党を立ち上げました。

主な公約・政策主張

山本氏が掲げる基本政策の柱は以下のとおり。

  • 被曝させない
    原発即時撤退
  • TPP 入らない
    「水」「食」「医療」などが奪われ、脱原発が不可能に
  • 飢えさせない
    社会保障を厚く!







塩村 文夏(しおむら あやか)の経歴やプロフィール

出典元:https://pbs.twimg.com/

  • 名前:塩村 文夏(しおむら あやか)
  • 現年齢:40歳
  • 性別:女
  • 党派:立憲民主党
  • 肩書き:元東京都議会議員
  • 学歴:就実高等学校、共立女子短期大学卒業
  • 職歴:放送作家、東京都議会議員(1期)

「セクハラやじ」被害者として注目を集めた元都議の塩村文夏氏は、1978年7月6日に広島県福山市で生まれます。

大学在学中からタレントとして活動していた塩村氏は、2007年に人気バラエティー番組「恋のから騒ぎ」に出演し一躍有名に。

その後、放送作家を経て、2013年の東京都議選に世田谷区選挙区からみんなの党公認で出馬し、初当選。

2017年の衆院選で広島県第3区から民進党公認で出馬予定であったものの、同党が希望の党に合流することとなったため、無所属で出馬し、落選。

その後、国民民主党に所属するも今年1月に離党届を提出し、参院選東京都選挙区から立憲民主党公認で出馬することを表明したため、国民民主党を除籍されました。

主な公約・政策主張

スローガンは「あなたと一緒に”理不尽”と闘う」

立憲民主党が掲げる政策の柱をご紹介します。

  1. 生活の現場から暮らしを立て直します
  2. 1日も早く原発ゼロへ
  3. 個人の権利を尊重し、ともに支え合う社会を実現します
  4. 徹底して行政の情報を公開します
  5. 立憲主義を回復させます

七海 ひろこ(ななみ ひろこ)の経歴やプロフィール

出典元:https://pbs.twimg.com/

  • 名前:七海 ひろこ(ななみ ひろこ)
  • 現年齢:34歳
  • 性別:女
  • 党派:幸福実現党
  • 肩書き:幸福実現党広報本部長
  • 学歴:慶應義塾女子高等学校、慶應義塾大学法学部卒業
  • 職歴:株式会社NTTデータ勤務、幸福実現党職員

七海ひろこ氏は、1984年8月1日に東京都で生まれます。

大学卒業後、NTTデータへの勤務を経て、幸福実現党の職員に。

現在、広報本部長を務めています。

これまでに、2014年の衆院選比例区(北陸信越ブロック)、2016年の参院選比例区、同年の東京都知事選、2017年の衆院選比例区(東京ブロック)に出馬するも、落選しています。

主な公約・政策主張

七海氏が掲げる政策の柱は以下のとおり。

  1. 外交・国防
    中国の覇権主義への備えを
  2. 経済・財政
    GDP倍増、所得倍増へ
  3. 社会保障・福祉
    すべての人が輝く社会を
  4. 未来産業
    未来社会の実現に向けて
  5. インフラ政策
    交通革命、防災大国に向けて「10年間で100兆円」投資計画を実施
  6. エネルギー
    エネルギーは日本の安全保障と経済の基盤
  7. 教育
    “タダ”ほど怖いものはない!?

参議院選挙2019【東京都選挙区】当落予想や情勢調査

参院選2019東京都選挙区の改選数は1名増えて6名に。

現在、現職を務めているのは、武見敬三氏(自民党・4期)、丸川珠代氏(自民党・2期)、山口那津男氏(公明党・3期)、吉良佳子氏(日本共産党・1期)、山本太郎氏(れいわ新選組・1期)の5名。

 

2013年の選挙では、20名の候補が立つ中、丸川氏が1,064,660票、山口氏が797,811票、吉良氏が703,901票、山本氏が666,684票、武見氏が612,388票を得て当選。

 

現職の鈴木寛氏(民主党)は552,694票、小倉淳氏(日本維新の会)413,637票、桐島ローランド氏(みんなの党)320,287票、現職の大河原雅子氏(無所属)は236,953票は及びませんでした。

 

改選数が5名→6名となった2016年の選挙には、31名もの候補者が乱立。

結果、現職の蓮舫氏(民進党)1,123,145票、 現職の中川雅治氏(自由民主党)884,823票、現職の竹谷とし子氏(公明党)770,535票、新人の山添拓氏(日本共産党)665,835票、新人の朝日健太郎氏(自由民主党)644,799票、現職の小川敏夫氏(民進党)508,131票が当選。

 

元職の田中康夫氏(おおさか維新の会)469,314票、 新人の横粂勝仁氏(無所属)310,133票、新人の三宅洋平氏(無所属)257,036票で及びませんでした。

今回の選挙戦で当選確実といえる現職は、自民党の丸川氏と武見氏、安定した支持を持つ公明党の山口氏、共産党の吉良氏が挙げられます。

 

また、立憲民主党が2名擁立したとしても、新人の塩村氏も議席を得られると予想されます。

山本氏は前回のような風は期待できないと思われますが、改選数が6名となったため有力な候補者が立たなければ再選の可能性が高いでしょう。

まとめ

参院選2019東京都選挙区の情勢についてご紹介しました。

今後、泡沫候補を含め続々と名乗りを上げてくるでしょう。

果たしてどんな候補が出馬するのか楽しみですね。

参議院選挙2019特集
error: Content is protected !!