参議院選挙

参議院選挙2019【沖縄県選挙区】当落予想と立候補者一覧の最新情勢まとめ

こちらの記事では参議院選挙2019から沖縄県選挙区の立候補者や当落予想をご紹介します。

県外の人でも、沖縄県で行われる選挙戦はいつも注目を集めますが、果たして2019年の参院選の候補者の顔ぶれや政策はどのようなものなのでしょうか。

 

それでは早速見ていきたいと思います。

参議院選挙2019【沖縄県選挙区】の立候補者名一覧

沖縄県選挙区の立候補者

以下は記事作成時点での予想される顔ぶれ情報となります。立候補者情報は随時更新していきます。

安里 繁信(あさと しげのぶ)の経歴やプロフィール

出典元:https://pbs.twimg.com/

  • 名前:安里 繁信(あさと しげのぶ)
  • 現年齢:49歳
  • 性別:男
  • 党派:自由民主党(公明党推薦)
  • 肩書き:シンバホールディングス会長、元日本青年会議所会頭
  • 学歴:沖縄県立大平高等学校(現・陽明高等学校)卒業、早稲田大学大学院公共経営研究科修了
  • 職歴:イベント企画会社経営、安信輸送サービス株式会社勤務、シンバネットワーク・株式会社信羽設立(現シンバ ホールディングス株式会社)

安里繁信氏は、1969年10月7日に那覇市で生まれ、浦添市で育ちます。

高校卒業後、東京でイベント会社運営を経て帰郷し、父親が経営する運輸会社に勤務。

広告代理店の買収や飲食業、不動産業など事業展開を行い、現在は企業グループの会長を務めています。

会社経営の傍ら、日本青年会議所会頭、沖縄コンベンションビューロー会長など数多くの役職を歴任するほか、早大大学院に進学し公共経営修士を取得しました。

主な公約・政策主張

スローガンは、「オキナワプライド~右でも左でもなく、沖縄をもっと前へ。~」

政策は6月上旬に発表予定。

安里氏の思いを公式サイトから抜粋してご紹介します。

先日の県民投票の結果を受けて、沖縄の立場や考えを党や政府に強く訴えていくことが私の使命であり、私達世代の責任だと考えています。普天間基地の危険性除去は喫緊の課題ですから、自民党の中からムーブメントを起こすことが求められています。国会には約300名ものJCの卒業生が与野党を含め国会議員として活躍しており、僕がJCの会頭をした頃に知り合った方や仲間もたくさんいますので、初めての国政の場ですが幸いにして仲間がいるところからスタートが切れると思っています。

次期沖縄振興計画の策定にむけた大切な3年間がスタートします。オキナワプライドの気概をもって、県民の思いがつまった半世紀先の沖縄の未来を見据えた計画策定に携わるべくがんばっていく決意です。

高良 鉄美(たから てつみ)の経歴やプロフィール

出典元:https://ryukyushimpo.jp/

  • 名前:高良 鉄美(たから てつみ)
  • 現年齢:65歳
  • 性別:男
  • 党派:無所属(オール沖縄支援)
  • 肩書き:琉球大法科大学院名誉教授
  • 学歴:県立那覇高等学校、九州大学法学部卒業、九州大学大学院法学研究科修士課程修了、九州大学大学院法学研究科博士課程(公法学専攻)単位取得退学
  • 職歴:琉球大学(助手→講師→法文学部助教授→教授)

高良鉄美氏は、1954年1月15日に那覇市で生まれます。

動物学者で第8代琉球大学学長を務めた鉄夫氏を父親に持つ高良氏。

小学5年生のときに初めて触れた日本国憲法に感動し、大学及び大学院で憲法を学び、琉球大学で憲法学者としての道を進みます。

1995年に同大教授となり、2019年に退官。

トレードマークの帽子は、国会で帽子などの着用を禁止する傍聴規則が不条理さを訴えるためにあえて1994年から公の場で着用しつづけてきました。

ところが「国会に行けば立法権の担い手となり権力側につく」という理由から、出馬表明の記者会見には帽子を脱いで臨み、話題となります。

2017年からオール沖縄会議共同代表を務めています。

主な公約・政策主張

憲法学者の高良氏は、出馬表明の中で、

「特に9条の改正に強く反対する。9条を改正すれば沖縄への負担はこれまで以上にのしかかる」

と、最大の争点として憲法改正の阻止を掲げました。

また、新基地建設については、

「参院選でも新基地建設に反対の民意を示さなければいけない」

と述べ、反対を表明しました。







参議院選挙2019【沖縄県選挙区】の当落予想と情勢調査

参院選2019沖縄県選挙区の改選数は1名。

今回改選を迎える現職は、糸数慶子氏(沖縄社会大衆党 ※参院会派「沖縄の風」・3期)。

 

糸数氏は4選を目指して出馬する意向でしたが、所属する沖縄社会大衆党からの勇退を求められ、やむなく断念しました。

現在のところ出馬を表明しているのは、安里繁信氏(自民党/公明党推薦)と高良鉄美氏(無所属/オール沖縄支援)の新人2名。

政権与党候補VSオール沖縄候補という構図に。

 

2013年の選挙では、現職の糸数慶子氏(沖縄社会大衆党/日本共産党・社会民主党・生活の党・みどりの風推薦)が294,420票で当選。

安里政晃氏(自民党/公明党推薦)は261,392票で一歩及ばず、新島メリー氏(無所属)は10,505票、金城竜郎氏(幸福実現党)は9,462票で落選しました。

 

2016年の選挙では、新人の伊波洋一氏(無所属/日本共産党・社会民主党・生活の党と山本太郎となかまたち・沖縄社会大衆党支持)が356,355票で当選。

現職の島尻安伊子氏(自民党/公明党・おきなわ維新の会県総支部・政党そうぞう推薦)は249,555票、 金城竜郎氏(幸福実現党)は9,937票で落選しました。

 

普天間基地移設問題など大きな争点を抱える中で、昨年の県知事選、那覇市長選、そして今年4月の衆院沖縄3区補欠選挙などで「オール沖縄」勢が次々と勝利しています。

今回も「オール沖縄」が支援する高良氏が有利に戦いを進めることが予想されます。

 

しかし、安里氏は昨年の知事選に名乗りを上げたものの、自民党の二階幹事長らに佐喜真氏への協力を要請されて取り下げたという経緯があります。

そのため与党は強烈な総力戦を仕掛けてくるでしょうから、選挙戦の行方はまだまだどうなるかわかりません。

まとめ

参院選2019沖縄県選挙区は、事実上、安里繁信氏(自民党)とオール沖縄支援の高良鉄美氏(無所属)の一騎打ちの戦いに。

過去の選挙結果や昨秋の県知事選から今年4月の衆院3区補選まで大きな選挙でオール沖縄支援の候補が当選していることから、参院選も高良氏が優勢と考えられます。

しかし与党も相当攻勢をかけてくると予想されるので、拮抗する可能性は充分あるでしょう。

参議院選挙2019特集
error: Content is protected !!