参議院選挙

参議院選挙2019【神奈川県選挙区】当落予想と立候補者一覧・最新情勢まとめ

選挙イヤーの亥年。

春の統一選に続き、7月には参議院議員通常選挙が行われます。

神奈川県選挙区も注目区のひとつといえるでしょう。

それでは、参議院選挙2019神奈川県選挙区の立候補者や当落予想をご紹介します。

参議院選挙2019【神奈川県選挙区】の立候補者名一覧

神奈川県選挙区の立候補者

以下は記事作成時点での予想される顔ぶれ情報となります。立候補者情報は随時更新していきます。

島村 大(しまむら だい)の経歴やプロフィール

出典元:https://scontent-lax3-1.xx.fbcdn.net/

  • 名前:島村 大(しまむら だい)
  • 現年齢:58歳
  • 性別:男
  • 党派:自由民主党
  • 肩書き:参議院議員(歯科医師)
  • 学歴: 日本大学第二高等学校、東京歯科大学卒業
  • 職歴:東京歯科大学歯科補綴学第三講座、横浜ビジネスパーク歯科クリニック・銀座デンタルケアークリニック(自営)、参議院議員(1期)

現職の島村大氏は、1960年8月11日に千葉県市川市で生まれます。

大学卒業後、同大歯科補綴学第三講座を経て、横浜と銀座に歯科クリニックを開業。

2005年には神奈川県歯科医師連盟理事長、2011年には日本歯科医師連盟理事長に就任。

2013年の参院選に神奈川県選挙区から自民党公認で出馬し、初当選を果たします。

主な公約・政策主張

島村氏が掲げる政策のテーマは「一億総活躍社会の実現に向けて」。

政策の柱は以下のとおりです。

  • 健康寿命延伸・・・予防と健診を国民皆保険に
  • 「全世代型社会保障」の構築・・・人生それぞれのステージで必要な保障を
  • 働く環境の整備・・・多様な働き方に対応する受け皿を用意
  • 人生100年型の年金制度の確立・・・年金を受けとれる時期を柔軟に
  • 必要な医療や介護の確保・・・病気や障害、要介護の方々に安心を

佐々木 さやか(ささき さやか)の経歴やプロフィール

出典元:https://pbs.twimg.com/

  • 名前:佐々木 さやか(ささき さやか)
  • 現年齢:38歳
  • 性別:女
  • 党派:公明党
  • 肩書き:参議院議員(弁護士)
  • 学歴:青森県立八戸北高等学校、創価大学法学部卒業、創価大学法科大学院修了
  • 職歴:希望法律事務所勤務、横浜平和法律事務所勤務、参議院議員

現職の佐々木さやか氏は、1981年1月18日に青森県八戸市で生まれます。

2006年に創価大学法科大学院を修了後、司法試験に合格し、翌2007年に弁護士登録(横浜弁護士会)。

3期務めた元タカラジェンヌの松あきら氏の後継として、2013年の参院選に神奈川県選挙区から公明党公認で出馬し、初当選を果たします。

主な公約・政策主張

佐々木氏が掲げる政策は以下のとおり。

  1. 「安心」を支えます。
    ・女性の視点を生かした防災・減災対策を推進し、災害に強いまちづくりを進めます。
    ・がん対策の推進や患者の医療費負担の軽減を目指し、国民の健康を守ります。
    ・ブラック企業対策やいじめ相談窓口の整備を進め、若者の未来を守ります。
  2. 「経済」を支えます。
    ・医療・介護ロボットなどの先端技術の開発を進め、新産業の育成を後押しします。
    ・自然エネルギーの活用など、地球にやさしいエネルギー政策を促進します。
    ・中小企業を守るため、所得拡大促進税制の拡充などを力強く推し進めます。
  3. 「生活」を支えます。
    ・幼児教育や高等教育(大学・専門学校など)の無償化等、教育の負担軽減に努めます。
    ・高齢者を雇用した企業への助成金の支給等、高齢者の活躍を後押しします。
    ・働き方改革や待機児童ゼロを進め、子育てしながら働ける社会を築きます。
  4. 「地域」を支えます。
    ・各地の優れた産品のブランド化を応援。外国人観光客の誘客を推進します。
    ・「収入保険制度」の充実などで、農業経営者・新規就農者を支えます。
    ・東京五輪に合わせ、道路の渋滞緩和や鉄道の利便性向上などに尽くします。







牧山 弘恵(まきやま ひろえ)の経歴やプロフィール

出典元:https://pbs.twimg.com/

  • 名前:牧山 弘恵(まきやま ひろえ)
  • 現年齢:54歳
  • 性別:女
  • 党派:立憲民主党
  • 肩書き:参議院議員(米国弁護士)
  • 学歴:国際基督教大学教養学部語学科、米国トーマス・クーリー法科大学院卒業
  • 職歴:株式会社東京放送(現・株式会社TBSテレビ)勤務、マークス村瀬法律事務所勤務、松竹株式会社勤務、ポリグラム株式会社勤務、ハッシー法律事務所勤務、ソニー・ピクチャーズ勤務、参議院議員(2期)

現職の牧山弘恵氏は、1964年9月29日に東京都新宿区で生まれます。

大学卒業後、TBSを経て、米国の法科大学院に進学。

米国司法試験に合格後、企業の法務室や法律事務所などに勤務します。

2005年に民主党の参院選候補者公募に応募し、10月に行われた神奈川県選挙区補欠選挙に出馬するも落選。

2007年の通常選挙に同選挙区から民主党公認で出馬し、初当選を果たします。

2013年の選挙でも再選を果たしました。

主な公約・政策主張

牧山氏が掲げる政策の柱は以下のとおり。

  • 子どもを安心して産み、育てる環境をつくります。
  • 格差をなくし公平なくらしをつくります。
  • 地球環境を守り、世界平和に貢献します。
  • イキイキ、神奈川

松沢 成文(まつざわ しげふみ)の経歴やプロフィール

出典元:https://pbs.twimg.com/

  • 名前:松沢 成文(まつざわ しげふみ)
  • 現年齢:61歳
  • 性別:男
  • 党派:希望の党
  • 肩書き:参議院議員
  • 学歴:慶應義塾高等学校、慶應義塾大学法学部政治学科卒業
  • 職歴:米国連邦下院議員スタッフ、神奈川県議会議員(2期)衆議院議員(3期)神奈川県知事(2期)、参議院議員(1期)

現職の松沢成文氏は、1958年4月2日に川崎市多摩区で生まれます。

大学卒業後、松下政経塾を経て、県議を2期務めた後、1993年に行われた衆院選に旧神奈川県第2区から新生党公認で出馬し、初当選。

小選挙区制導入後の1996年は新進党、2000年は民主党の公認で神奈川県第9区から出馬し、当選を果たします。

2003年から県知事選を2期務めた後、2011年・2012年には東京都知事選に挑むも落選。

2013年の参院選に神奈川県選挙区からみんなの党公認で出馬し、当選。

同党解散後は次世代の党、無所属を経て、現在は希望の党代表を務めています。

主な公約・政策主張

松沢氏が代表を務める希望の党の基本政策の柱は以下のとおり。

  1. 消費税増税の凍結
  2. 原発ゼロ・新たなエネルギー体系の構築
  3. 未来を見据えた省庁再編
  4. 地方への3ゲン(※人間・権限・財源)移譲
  5. 成長分野への重点投資
  6. 将来不安の解消
  7. 人への投資と教育の充実
  8. 文化の成長戦略
  9. 多様性社会の実現
  10. 安全で安心な国土の実現
  11. 現実的な外交・安保政策
  12. 憲法改正







乃木 涼介(のぎ りょうすけ)の経歴やプロフィール

出典元:https://pbs.twimg.com/

  • 名前:乃木 涼介(のぎ りょうすけ)※本名:高峰 祥宏
  • 現年齢:54歳
  • 性別:男
  • 党派:国民民主党
  • 肩書き:俳優
  • 学歴:大阪府立高津高等学校、同志社大学商学部卒業
  • 職歴:歌手・俳優業

乃木涼介氏は、1964年8月23日に大阪市東成区で生まれます。

大学在学中に芸能事務所からスカウトされ、貴水博之氏も所属していたロックバンド「HOT SOX」のリードボーカルとしてデビューするも、事務所倒産により解散。

その後は俳優として数々のドラマや映画に出演する傍ら、生活を支えるためにアルバイトも掛け持ちします。

2017年の衆院選に神奈川県第15区から希望の党公認で出馬するも、自民党の河野太郎氏に大差で敗れました。

主な公約・政策主張

「少子化問題の改善」をテーマにおく乃木氏が掲げる政策は以下のとおり。

  1. ひとり8万円。ベーシックインカムの実現
  2. 保育・子育て環境の改善
  3. 父親の子育て参加

浅賀 由香(あさか ゆか)の経歴やプロフィール

出典元:https://pbs.twimg.com/

  • 名前:浅賀 由香(あさか ゆか)
  • 現年齢:39歳
  • 性別:女
  • 党派:日本共産党
  • 肩書き:日本共産党神奈川県雇用・子育て相談室長、党准中央委員
  • 学歴:森村学園高等部、筑波大学国際総合学類卒業
  • 職歴:民間企業(SE)勤務、遠東国際商事株式会社勤務

浅賀由香氏は、1980年3月23日に横浜市鶴見区で生まれます。

大学在学中、ニューヨーク州立大学、フランス・ボー大学への留学を経験。

米国留学中、家族旅行の最中に事故に遭い、母親と兄、妹を亡くします。

卒業後、システムエンジニアとして民間企業での勤務を経て、貿易会社で輸出業務に従事。

その傍ら、日本民主青年同盟で活動し、横浜北東地区委員長などを歴任します。

2012年には衆院選(神奈川県第15区)、2013年には参議院比例区に挑むも、いずれも落選しました。

主な公約・政策主張

「夢をあきらめなくてもいい社会へ〜あさか由香の6つの政策〜」の柱は以下のとおり。

  1. 人間らしい働き方 家庭や余暇の時間を持てる、人間らしい働き方へ
  2. 出産と子育て 一人ひとりの子どもが大切にされる社会へ
  3. 憲法と平和外交 憲法の平和ブランドで世界へ
  4. 大学と学生生活 学びに専念できる・打ち込める社会へ
  5. エネルギー改革 原発なくし、再生可能エネルギーで安全と景気回復を
  6. 国民のための経済 税金の集め方と使い道を変えて、暮らしと景気の回復を

壹岐 愛子(いき あいこ)の経歴やプロフィール

出典元:https://pbs.twimg.com/

  • 名前:壹岐 愛子(いき あいこ)
  • 現年齢:33歳
  • 性別:女
  • 党派:幸福実現党
  • 肩書き:幸福実現党 神奈川統括支部長
  • 学歴:東京農業大学第一高等学校、多摩大学経営情報学部経営情報学科卒業
  • 職歴:リコージャパン株式会社勤務

壹岐愛子氏は、1985年9月14日に川崎市で生まれます。

大学卒業後、リコージャパン株式会社で営業職を担当。

退職後、幸福の科学の教育機関であるHS政経塾に入塾し、3年間政治経済、防衛などを学びます。

2014年の衆院選比例区(南関東ブロック)、2016年の参院選神奈川県選挙区、衆院選神奈川第3区に出馬するも、落選しました。

主な公約・政策主張

「日本まるごとイキイキさせたい! いき愛子3つの繁栄プラン」に掲げる政策の柱は以下のとおり。

  • 「自分の国は自分で守る」北朝鮮危機への万全の措置を!
  • 暮らしを豊かに、企業を元気に!若者に明るい未来を!
  • これからもずっと暮らしたい横浜づくりにチャレンジ!

圷 孝行(あくつ たかゆき)の経歴やプロフィール

出典元:http://livedoor.blogimg.jp/

  • 名前:圷 孝行(あくつ たかゆき)
  • 現年齢:69歳
  • 性別:男
  • 党派:「労働の解放をめざす労働者党」
  • 肩書き:元高校教諭
  • 学歴:神奈川県立追浜高等学校、中央大学経済学部国際経済学科卒業
  • 職歴:神奈川県立高校社会科教諭

圷孝行氏は、1950年4月8日に横須賀市で生まれます。

高校卒業と同時にマルクス主義の研究や活動を行う横須賀社会科学研究会に入会。

大学卒業後、県立高校の社会科教諭として各校に赴任し、定年退職後も2016年3月末まで再任用で教鞭を取ります。

その傍ら、長年にわたり県高等学校教職員組合分会役員を務めるほか、マルクス主義労働者同盟や社会主義労働者党で県委員長や支部長を歴任します。

そんな圷氏は、2017年に行われた衆院選に神奈川県第11区から出馬するも、最下位で落選しました。

主な公約・政策主張

労働者党が参院選2019で掲げる政策は以下のとおり。

  1. 労働者の政党としての原則的立場と政策
  2. バラマキによる「 経済成長」や「 福祉」は幻想! その結果は大増税、超インフレ!
  3. モリ・カケ問題は安倍の権力私物化の象徴!
  4. 朝鮮、台湾等を植民地にし、中国や東南アジアを侵略した歴史的事実は消せない!
  5. 安倍の9条改憲策動を許すな!改憲するなら天皇制の削除から始めよ!
  6. 野党共闘ではダメ!「 別個に進んで一緒に撃て」で行こう!

参議院選挙2019【神奈川県選挙区】の当落予想と情勢調査

参院選2019神奈川県選挙区の改選数は4名。

現職は、島村大氏(自民党)、佐々木さやか氏(公明党)、牧山弘恵氏(立憲民主党)、松沢成文氏(希望の党)の4名。

ここに乃木涼介氏(国民民主党)、浅賀由香氏(日本共産党)、壹岐愛子氏(幸福実現党)、圷孝行氏(労働者党)の新人4名が参戦します。

 

11名の候補が出馬した2013年の選挙では、島村氏(自民党)1,130,652票、松沢氏(みんなの党)740,207票、佐々木氏(公明党)629,662票、牧山氏(民主党)461,006票が当選し、共産党の元職が444,955票で落選しました。

 

2016年の選挙では12名が出馬し、三原じゅん子氏(自民党)1,004,877票、三浦信祐氏(公明党)629,582票、真山勇一氏(民進党)582,127票 、中西健治氏(無所属/自民党推薦)524,070票が当選。

浅賀由香氏(日本共産党)は487,729票、現職の金子洋一氏(民進党)は448,954票で及びませんでした。

 

今回は候補者1名に絞った自民党の島村氏、安定した支持を持つ公明党の佐々木氏の再選は確実でしょう。

野党の中で最も勢いがある立憲民主党の牧山氏も当選は堅いと予想されます。

 

2013年の選挙ではみんなの党の旋風に乗って2位となった松沢氏は、今回日本維新の会と連携できるかどうかがカギに。

戦い方によっては新人の乃木氏、浅賀氏にも勝機があるでしょう。

まとめ

4名改選の参院選2019神奈川県選挙区は、自民党、立憲民主党が複数候補者擁立を見送ったため、3名が当選確実といえるでしょう。

残り1議席がどうなるかは予想不可能です。

今後候補者が増えたら情勢が変わる可能性もあるので、ぜひ注目してまいりましょう。

参議院選挙2019特集
error: Content is protected !!