参議院選挙

参議院選挙2019【福岡県選挙区】当落予想|立候補者一覧と最新情勢を紹介

こちらでは、来る参議院選挙2019から福岡県選挙区の立候補者の情報や当落予想をご紹介します。

 

今年は統一選と参院選が同年に行われる亥年の2019年で、7月にはいよいよ参議院議員通常選挙が行われます。

 

改選数が3名となる福岡県選挙区の候補者はどんな顔触れなのでしょうか?

参議院選挙2019【福岡県選挙区】の立候補者名一覧

福岡県選挙区の立候補者

以下は記事作成時点での予想される顔ぶれ情報となります。立候補者情報は随時更新していきます。

松山 政司(まつやま まさじ)の経歴やプロフィール

出典元:https://scontent-lax3-1.xx.fbcdn.net/

  • 名前:松山 政司(まつやま まさじ)
  • 現年齢:60歳
  • 性別:男
  • 党派:自由民主党
  • 肩書き:参議院議員(元内閣府特命担当大臣)
  • 学歴:県立京都高等学校、福岡国土建設専門学校、明治大学商学部卒業
  • 職歴:松山建設株式会社(役員)、参議院議員(3期)

現職の松山政司氏は、1959年1月20日に椎田町(現・築上町)で生まれます。

専門学校卒業後、家業の松山建設の役員となり、社長就任時の1999年から日本青年会議所会頭を務めます。

2001年の参院選に福岡県選挙区から自民党公認で初当選を果たし、2007年・2013年の選挙でも当選。

なお、議員活動の傍ら、2005年に明大を卒業しています。

第3次安倍第3次改造内閣で、内閣府特命担当大臣(少子化対策、男女共同参画、科学技術政策、宇宙政策、知的財産戦略、クールジャパン戦略担当)、一億総活躍担当大臣、IT政策担当大臣として初入閣。

第4次安倍内閣では、男女共同参画担当を除き再任されました。

主な公約・政策主張

”『日本は動く』一人ひとりのその小さな勇気から”をテーマに掲げる政策は以下のとおり。

  • 実践の第一歩を始めてこそ地域の自立は考えることから動く
    ふるさとの山があり、川があり・・・そこで暮らす人だからこそ、わかること、できることがある。
    地方分権も考えることから、実践の一歩を踏み出すことへ。
    私たち一人ひとりが、一人の地域住民として、さらに踏み込んで行動すれば、地方分権は進む。
    地方分権が進めば、かならず日本は動く。
  • 企業の存在意義を求めていけば景気は動く!!
    景気が悪いから…を言い訳にしたくない。 成長経済の終焉を、逃げ道にしたくない。
    企業の存在意義が問われるようになった今、企業活動の価値観も変わってきた。
    社会や地球の役に立つことが、新しいビジネスチャンスにもつながる。
    私たち一人ひとりが、一人の経済人として、社会に貢献できる仕事をめざしていけば、かならず企業も豊かになれる。
    豊かな企業が増えれば、日本の景気もかならず動く。
    中小企業に身を置くころから言ってきたことである。政治家として景気を回復軌道へ動かす。
  • 親として、一人の大人として、心に目を向ければ、教育は動く
    子供たちの問題は大人たちみんなの責任。教育の問題は市民一人ひとりの責任。
    私たちは子を持つ親として、一人の大人として、子供たちに伝えられることがある。
    知識だけの教育から、人としての豊かさを培う教育へ。
    私たち一人ひとりが、親として、一人の大人として思いやりの心をもって、
    他人まかせにしないことから、かならず日本の教育は変えることができる。
    教育が変われば、かならず日本は動く。

下野 六太(しもの ろくた)の経歴やプロフィール

出典元:https://pbs.twimg.com

  • 名前:下野 六太(しもの ろくた)
  • 現年齢:55歳
  • 性別:男
  • 党派:公明党
  • 肩書き:公明党教育改革推進本部事務局次長
  • 学歴:県立筑紫高等学校、国立島根大学教育学部卒業、国立福岡教育大学大学院修士課程修了
  • 職歴:福岡県中学校保健体育科教諭

下野六太氏は、1964年5月1日に北九州市八幡西区で生まれます。

大学卒業後、福岡県の公立中学校で保健体育の教諭に。

運動が苦手な生徒でも短期間で著しく成長するオリジナルの指導法で一躍有名になり、文部科学大臣優秀教員表彰など数々の賞を受賞。

また、日本テレビの「世界一受けたい授業」 をはじめ、TVや新聞などメディアへの出演、著書も出版しています。

多忙な教職の傍ら、2018年に大学院を修了。

出馬に備え、同年6月に退職しました。

主な公約・政策主張

下野氏が掲げる政策は以下のとおり。

  • 教育政策 世界一受けたい教育を!―チャイルドファースト社会へ―
    ◆一人も置き去りにしない
    ◆家庭の負担を軽減
    ◆子どもの命を守る
  • 福岡政策 福岡を元気に!~活力あるアジアの国際都市へ~
    ◆観光客の受け入れ体制強化や国際物流拠点化を後押し
    ◆中小企業の安定経営へ、資金繰りや人手不足の解消を支援
    ◆防災・減災対策を強化し、災害から命を守る







野田 国義(のだ くによし)の経歴やプロフィール

出典元:https://pbs.twimg.com

  • 名前:野田 国義(のだ くによし)
  • 現年齢:60歳
  • 性別:男
  • 党派:立憲民主党
  • 肩書き:参議院議員
  • 学歴:県立福島高等学校、日本大学法学部政治経済学科卒業
  • 職歴:衆議院議員泰道三八事務所勤務、古賀誠衆議院議員秘書、八女市長(4期)、衆議院議員(1期)、参議院議員(1期)

現職の野田国義氏は、1958年6月3日に八女郡立花町(現・八女市)で生まれます。

大学卒業後、自民党の衆議院議員古賀誠氏の秘書などを経て、1993年に全国最年少の34際で八女市長選に初当選を果たし、以後4期にわたり八女市長を務め、任期途中の2008年9月に辞職します。

翌2009年の衆院選に民主党公認で福岡7区から古賀氏の対抗馬として臨み、選挙区で敗れるも比例復活で初当選。

しかし、2012年の総選挙では古賀氏の後継の藤丸敏氏に敗れ、比例復活も叶いませんでした。

2013年には参院選に鞍替えし福岡県選挙区から民主党公認で出馬し、初当選。

2018年5月に民進党を離党し無所属となるも、10月に院内会派の「立憲民主党・民友会」に入会し、12月に立憲民主党に入党しました。

主な公約・政策主張

野田氏の政治姿勢をご紹介します。

  • 「共に生きる、助け合いの社会を」
    自立を促し、共に支えあう社会。男女共同参画推進。ヨーロッパの福祉、ブータンの幸福度にも学びたい。弱肉強食社会では経済格差が広がり、苦しむのは結局国民。
  • 「生活者・納税者・消費者・働く者のための政治を」
    生活者・納税者・消費者・働く者に軸足を置いた政治をやり抜く。富裕層・資産家、一部の大企業ばかりが恩恵を受ける政策の効果は限定的。
  • 「いのちと暮らしに密着した産業を充実」
    医療・介護・年金など持続可能な社会保障制度の確立を図り、環境、農林水産、ものづくりといった分野を日本の成長戦略の柱にする。ムダな公共事業を増やしても効果は一時的。
  • 「日本の宝である子供にこそ投資」
    チルドレン・ファースト。社会全体による子育て支援、自ら生き抜く力を身につける教育の充実を図る。いじめ・体罰の根絶に向けた対策も現場重視で充実。
  • 「エネルギーを安全に安定的に確保」
    自然・再生エネルギー導入を推進。エネルギーのベストミックス実現と原発稼働ゼロを目指してあらゆる政策資源を投入。
  • 「愛する日本の平和を守る」
    穏健な保守から中道リベラルを包み込み、職を賭して愛する日本の平和を守る。極端な思想では軍国主義化の懸念があり本当に危うい。

河野 祥子(かわの しょうこ)の経歴やプロフィール

出典元:https://pbs.twimg.com

  • 名前:河野 祥子(かわの しょうこ)
  • 現年齢:38歳(※7/5~ 39歳)
  • 性別:女
  • 党派:日本共産党
  • 肩書き:元直方市議会議員
  • 学歴:九州大学法学部卒業、九州大学法科大学院修了
  • 職歴:司法書士事務所勤務、高齢者福祉生協勤務、日本共産党直鞍地区専従職員、直方市議会議員(1期)

河野祥子氏は、1980年7月5日に川崎町で生まれます。

大学院卒業後、司法書士事務所、高齢者福祉生協職員を経て、2014年から日本共産党の専従職員に。

同年、衆院選に日本共産党公認で福岡8区から出馬し、麻生太郎氏との一騎打ちに臨むも落選。

翌2015年から直方市議を務め、出馬に備え2018年6月に辞職しました。

主な公約・政策主張

河野氏は、出馬表明の記者会見でその思いを以下のように述べました。

私は地方議員として活動してきた中で、必要な介護保険サービスが受けられない問題や、被災した日田彦山線の復旧の問題など、色々な限界を感じてきました。
結局は根本のところ、つまり国の政治を変えなければならないと思い、国政をめざす決意をしました。

出典:http://www.fjcp.jp/wp-content/uploads/2018/02/kawano_sanin.pdf

江夏 正敏(えなつ まさとし)の経歴やプロフィール

出典元:https://pbs.twimg.com/

  • 名前:江夏 正敏(えなつ まさとし)
  • 現年齢:51歳
  • 性別:男
  • 党派:幸福実現党
  • 肩書き:幸福実現党政務調査会長兼HS政経塾顧問
  • 学歴:県立東筑高等学校、大阪大学工学部卒業
  • 職歴:宗教法人幸福の科学職員

江夏正敏氏は、1967年10月20日に北九州市で生まれます。

大学卒業後、宗教法人幸福の科学に勤務し、広報局長、人事局長、未来ユートピア政治研究会代表、HS政経塾・塾長などを歴任。

現在、政務調査会長兼HS政経塾顧問を務めています。

これまでに、2012年の衆院選(比例東海ブロック)、2014年・2017年の衆院選(比例九州ブロック)、2016年の参院選(長崎県選挙区)に出馬するも、いずれも落選しています。

主な公約・政策主張

江夏氏が掲げる「福岡政策」の7つの柱をご紹介します。

  1. 徹底的な減税
    県民や企業の“やる気”を引き出す
  2. 成長産業・未来産業の振興
    “未来”を拓く
  3. インフラ整備
    “利便性”を高める
  4. 農林水産業振興
    “福岡らしさ”を生かす
  5. 安心・安全で魅力ある街づくり
    福岡の“住みよさ”を高める
  6. 女性や若者の活躍を応援
    社会の“活力”を高める
  7. 心に寄り添う社会の形成
    愛にあふれた、ひとにやさしい福岡をつくる







参議院選挙2019【福岡県選挙区】の当落予想と情勢調査

参院選2019福岡県選挙区の改選数は1名増えて3名となります。

 

今回改選を迎える現職は、松山政司氏(自民党・3期)、野田国義氏(立憲民主党・1期)。

 

一方、現在までに立候補を表明している新人は、下野六太氏(公明党)、河野祥子氏(日本共産党)、江夏正敏氏(幸福実現党)。

 

過去の選挙を振り返ると、6名が立った2013年は、松山氏(自民党)が958,042票で3選、野田氏(民主党)が348,250票で初当選を果たします。

 

吉田俊之氏(日本維新の会)は222,180票、真島省三氏(日本共産党)は207,101票、古賀輝生氏(みんなの党)は176,396票、吉冨和枝氏(幸福実現党)は34,090票で落選。

 

改選数3名となった前回2016年では9名が臨み、新人の古賀之士氏(民進党)が670,392票、再選を目指す現職の大家敏志氏(自民党)が640,473票、新人の高瀬弘美氏(公明党)が467,752票で当選。

 

柴田雅子氏(日本共産党)は195,629票、森上晋平氏(おおさか維新の会)は93,683票、竹内信昭氏(社会民主党)は55,017票、石井英俊氏(日本のこころを大切にする党)は30,909票、船戸タキ子氏(無所属)は16,047票、吉冨和枝氏(幸福実現党)は15,743票で落選しました。

 

国民民主党は立憲との共倒れを恐れて候補者擁立を見送りましたが、野田氏との軋轢があるため諸手を挙げての支援になるのかどうかは疑問があります。

 

また自民党も激しい分裂選挙となった知事選の余波が参院選にどれだけ及ぶのかが未知数です。

 

そうした懸案材料があるとはいえ、有力な候補者でも立たない限り、自民党の松山氏、立憲民主党の野田氏、公明党の下野氏がやはり優勢なのではないでしょうか。

まとめ

今回から改選数が1名増えて3名となる参院選2019福岡県選挙区。

現在の表明している候補者から予想すると、自民党、公明党、立憲民主党が議席を得る可能性が高いでしょう。

 

しかしまだまだ候補者が名乗りを上げる可能性があるので、今後の動向に注視していきたいと思います。

参議院選挙2019特集
error: Content is protected !!