町長選挙

猪苗代町長選挙 開票結果速報2019 出口調査と情勢予想・立候補者の公約を紹介

任期満了に伴う福島県、猪苗代町長選挙が2019年6月23日に執行されます。

こちらの記事では猪苗代町長選挙2019の開票速報並びに開票結果、立候補者の公約や最新の選挙情勢から当確出口調査などについて随時まとめています。

2019年の猪苗代町長選挙に立候補したのは新人で元町議の佐瀬真氏(65)と、3選目当選を目指す現職町長の前後公氏(77)の無所属2名です。

それでは早速見ていきましょう。

参議院選挙2019【福島県選挙区】当落予想|立候補者一覧の最新情勢2019年夏の参議院選挙福島県選挙区の当落予想と立候補者情報を一覧で随時紹介します。立候補者の経歴プロフィールや公約(マニフェスト)など党派別に紹介し、開票速報や開票結果、当選者落選者の当確出口調査もまとめていきます。...

猪苗代町長選挙|2019年の開票結果速報・NHK当確出口調査最新情報など

猪苗代町長選挙2019の開票結果は開票速報が発表され次第随時こちらに追記していきます。

結果得票数氏名年齢党派新旧主な肩書き
3539佐瀬 真65無所属商業写真家、元町議
させ まこと
4294前後 公77無所属公務員(猪苗代町長)
ぜんご ひろし
執行理由任期満了
定数・立候補者数1 / 2
有権者数
投票率
開票時間即日開票で午後8時からを予定
開票場所やないづふれあい館

猪苗代町長選挙2019の立候補者の経歴・公約は?

ここでは猪苗代町長選挙2019の立候補者の主な肩書や経歴、公約についてご紹介していきます。

前後 公(ぜんご ひろし)の経歴やプロフィール

  • 名前:前後 公(ぜんご ひろし)
  • 現年齢:77歳
  • 性別:男
  • 党派:無所属・現
  • 肩書き:公務員(猪苗代町現町長)
  • 学歴:日大東北工(現日大東北)高卒
  • 職歴:1961(昭和36)年に町採用。公民館長、生涯学習課長などを歴任。

猪苗代町出身の前後氏は、2011(平成23)年6月の猪苗代町長選挙で初当選しました。

今年2019年三期目を目指し立候補しました。

主な公約・政策主張

恵まれた自然環境を生かした観光事業を継続強化する。

猪苗代観光協会と協力し、東日本大震災と東京電力福島第1原発事故により減少した観光客の回復を図る「10万人泊事業」を継続する。

ウィンタースポ-ツのほかにも猪苗代湖を利用したマリンスポーツやフィールドスポーツなど、一年を通してあらゆるスポーツが楽しめるスポーツの町であることを世界に発信していく。

地域内に存在する「人・もの・情報」など有形、無形のあらゆる資源を結合させ、そして循環させ、地域の自立を図るという「有機の里構想」のもと諸事業への取り組みを継続していく。

恵み豊かな猪苗代町のすばらしい自然や先人たちのたゆまざる努力によって培い育んできた遺産を、次世代へ引き継ぎながら、「猪苗代町の活性化と発展」、「町民の暮らしを守り、みらいへの希望の持てる町づくり」の実現に向けて全力で取り組んでゆく。

佐瀬 まこと(させ まこと)の経歴やプロフィール

  • 名前:佐瀬 まこと(させ まこと)
  • 現年齢:65歳
  • 性別:男
  • 党派:無所属・新
  • 肩書き:商業写真家、元町議 、猪苗代町議会議員、会津若松地方広域市町村圏整備組合議会 議会運営副委員長、会津広域観光推進議員連盟 理事、NPO「輝く猪苗代湖をつくる県民会議」理事、猪苗代湖観光推進連絡協議会「ぐるーっと猪苗代湖」企画委員長、NPO「日本ステッピング協会」理事 福島県支部長、会津「葵」大根開発プロジェクト 代表、低温除湿乾燥6次産業化 推進委員、猪苗代ロータリークラブ 2018-2019年度 パスト会長(2018年12月現在)
  • 学歴:福島県立会津高校
  • 職歴:日本ステッピング協会 福島支部長、猪苗代ロータリークラブ、NPO「輝く猪苗代湖をつくる県民会議」

高校卒業後、東京の写真スタジオに入社し、その後、商業カメラマンとして独立。

実家でひとり暮らしだった実母との同居をきっかけに、2008年から再び猪苗代町での生活を始め、帰郷後はカメラマン業と写真教室の講師の仕事をしながら、町内の畑を借り、長野県から持ってきた品種、皮と実が青い大根の栽培に励みます。

この大根を会津「葵」大根と名付けたプロジェクトの発起人でもあります。

2012年の町議選で初当選。2期務め、今月15日に辞職。

前回2015年の町長選にも立候補するも、前後氏に敗れ今回が二度目の挑戦となります。

主な公約・政策主張

猪苗代を活力ある若く元気な町にしたい!

思いやりの政策

人口減少緩和策と少子化・高齢化対策

  • 近隣市町村のベッドタウン構想
  • 教育の質の向上と底上げ
  • 町内循環バスを走らせる

町民主体の町づくり

  • 税収1%還元、町民参加の町づくり

〇観光環境特区

〇猪苗代駅前の再整備

勇気の政策

税金の無駄遣いしない賢い使い方

  • 町長報酬の引き下げ
  • 使える建物は、有効活用を最優先

商工・観光対策

  • 観光こそが猪苗代の姿!
  • 来て泊まって頂く充実のPRが必要
  • 道の駅「いなわしろ」の改革








猪苗代町長選挙2019の選挙情勢や当選予想は?

2011年は、元町議の渡部英一氏(59)と元町教委生涯学習課長の前後公氏(69)の新人2人が立候補、一騎打ちでした。

当選前後 公無所属69歳(男)新人5,066票
渡部 英一無所属59歳(男)新人4,242票

 

前回2015年の町長選挙は、今回と同じ前後氏と佐瀬氏の闘いで、再選を目指した前後公氏が、新人の前町議佐瀬真氏との一騎打ちを制しました。

争点は、造成工事が進む「道の駅」の賛否。

 

道の駅整備を推し進める前後氏は、防災や観光、物販、地域連携の多機能型施設として産業振興や交流拠点につながるとアピール。

福祉政策の充実なども訴え、2期目の町政運営のテーマに掲げた「活力と希望あふれるまちづくり」が町民から信任を得ました。

 

敗れた佐瀬氏は、道の駅建設を中止し、その事業費を老朽化している猪苗代中整備に充てるとするも、時間が足りず町民に政策を十分に浸透できず。

当選前後 公無所属73歳(男)現職5,458票
佐瀬 真無所属61歳(男)2,781票

 

2019年今年の選挙は、前回2015年と同じく現職の前後氏に佐瀬氏が挑む形になりました。

 

原発事故らの風評を払拭して、観光を中心とした施策を積極的に進めてきた2期8年目の前後氏に対し佐瀬氏は政策を具体的に提示し財政難など町政の課題を挙げ訴えています。

実績面からは、現職前後氏の優位は変わらないとされますが、現町政に批判を投げ課題を提示する佐瀬氏の主張がどこまで町民に響くかが問われるでしょう。

猪苗代町長選挙2019の日程や期日前投票情報など

最後に猪苗代町長選挙2019における告示日や投票日・期日前投票期間などについてご紹介します。

告示日2019年6月18日
投票日
  • 2019年6月23日
  • 午前7時~午後8時まで
投票所投票所入場券記載の投票所
期日前投票
期間
  • 2019年6月19日から6月22日
  • 午前8時30分~午後8時まで
投票所猪苗代町役場 町民ホール(1階)

同日執行の選挙

猪苗代町長選挙2019と同日に執行される主な選挙は以下の通りです。

  • 西会津町議会議員選挙(福島県)
  • 磐梯町議会議員選挙(福島県)
  • 猪苗代町長選挙(福島県)
  • 柳津町長選挙(福島県)
  • 鉾田市議会議員選挙(茨城県)
  • 神崎町長選挙(千葉県)
  • 南山城村長選挙(京都府)
  • 那智勝浦町議会議員選挙(和歌山県)
参議院選挙2019特集
error: Content is protected !!