町長選挙

五戸町長選挙 開票結果速報2019|立候補者の公約と出口調査・情勢まとめ

本記事では2019年6月2日に執行の青森県五戸町長選挙開票速報・開票結果をご紹介しています。

青森県内では同日執行の青森県知事選挙と自民保守分裂選挙となった三沢市長選挙が注目されています。

青森県知事選挙 開票結果速報2019|出口調査と情勢予想・立候補者の公約まとめ2019年6月2日執行の青森県知事選挙の開票速報及び開票結果をお伝えしています。※開票結果はNHKの当確出口調査・開票速報などが発表され次第リアルタイムで追記。青森県知事選挙の立候補者の公約や経歴、情勢、投票率についてもご紹介していきます。...
三沢市長選挙 開票結果速報2019|情勢予想と出口調査・立候補者の公約は?2019年6月2日執行の青森県三沢市長選挙の開票速報・開票結果をお伝えしています。開票結果はNHKなどの当確出口調査・開票速報などが発表され次第追記。立候補者の経歴や公約、情勢、投票率についてもご紹介していきます。...

 

しかし五戸町長選挙もまた新人同士の一騎討ち選挙となり注目を集めています。

開票結果は地元自治体やNHKなどの当確出口調査・開票速報などが発表され次第リアルタイムで追記していきますので、どうぞ参考にしてくださいね。

五戸町長選挙|2019年の開票結果速報・NHKの当確出口調査最新情報など

五戸町長選挙2019の開票結果は開票速報が発表され次第随時こちらに追記していきます。

今回の五戸町長選挙の立候補者はいずれも無所属新人で、元町議の川崎七保氏(69)と前町議の若宮佳一氏(52)の計2名です。【以下、確定済み情報】

結果得票数氏名年齢性別党派新旧
4,157川崎 七保69無所属
当選5,592若宮 佳一52無所属
  • 執行理由:任期満了
  • 定数・立候補者数:
  • 有権者数:15,069人
  • 投票率:65.07%

五戸町長選挙|2019年の立候補者の経歴と公約は?

五戸町長選挙2019に立候補した立候補者の主な肩書や経歴、公約情報は以下の通りです。

川崎 七保(かわさき ななお)の経歴やプロフィール

  • 名前:川崎 七保(かわさき ななお)
  • 現年齢:69歳
  • 性別:男
  • 党派:無所属・新
  • 肩書き:元町議
  • 学歴:成城大学 卒業
  • 職歴:自営業。食料品や酒類、五戸の名産品である「なんばんみそ」や蜂蜜およびニンニク・リンゴなどの農産物の販売を行っている。五戸地方芸能保存会会長を務める。

公式HP等の発信は確認できませんでした。祖父、父と町長を務めた政治家一家の三代目。 2015年の町長選にも立候補し、2期無投票当選だった三浦氏に惜敗しています。

主な公約・政策主張

※公約等に関して、ご本人からの発信が確認できませんでしたので、ニュースサイトからお考えを転載します。

  • 国、県とのパイプをしっかりし、補助事業に取り組む
  • 閉校が決まった県立五戸高校の存続

五戸町長選/五戸町議補選 告示 町長選に新人2氏出馬 /青森 毎日新聞より

若宮 佳一(わかみや けいいち)の経歴やプロフィール

  • 名前:若宮 佳一(わかみや けいいち)
  • 現年齢:52歳
  • 性別:男
  • 党派:無所属・新
  • 肩書き:前町議
  • 学歴:千葉大学 卒業
  • 職歴:造園会社員。五戸町消防団第4分団副分団長(消防団歴21年)、五戸小学校PTA会長、五戸中学校PTA会長、八戸高等学校PTA会長、青森県高等学校PTA連合会会長等を歴任。現在は五戸町体育協会会長を務める。

座右の銘は、
「あたり前の事はあたり前に」
「地道な行動」
「惑わず、偏らない」

前三浦町長より後継指名。後援会特別顧問は前町長の三浦氏。117000人の五戸町ですが国政選挙並みの立派な公式HPが開設されていました。またご本人の発信はインスタグラム。若さあふれる勢いを感じました。

主な公約・政策主張

新たな時代へ!!5つの五戸町づくり

  1. ミライへつなぐ教育のまち「五戸」
    • あいさつ日本一のまちづくり
    • 地域教育とスポーツ教育の振興
    • 新しい給付型奨学金制度の創設へ
    • 外国語を話せる人材育成・登用
    • 小中学校トイレの洋式化
    • 子育て世代への支援充実
    • 医師をつくるまち「五戸」
    • 受検のまち「五戸」
    • ひばり野運動公園のリノベーション
  2. 安心で、仲良く平和に暮らせるまち
    • 消防団の処遇改善や再編成検討
    • 五戸総合病院の効率の良い運営
    • 在宅での介護支援の充実
    • 障害者を地域で支える取り組みへの支援を研究
    • (仮称)町タク事業の調査へ
    • 見守り機能を付加した移動販売事業者への支援を研究
    • 県道橋向五戸線兎内バイパス(仮称)の早期着工、早期完成
    • 町道の計画的改良推進
    • 浄化槽による水洗化率向上
    • (仮称)防災団地の調査研究
  3. にぎわいのあるまち
    • みらいパーク全体のリノベーション
    • 商店街の振興
    • 「ビジットはちのへ」との連携
    • 中央商店街の再開発の調査へ
    • 第二期住宅用地造成事業の調査へ
    • 企業誘致の推進と地元企業への支援を検討
    • 500円バスの維持と100円コミュニティバスの充実
  4. 農業のまち
    • 五戸ブランド確立へ
    • 地消地産の推進
    • 町独自の所得補償制度の創設の調査
    • 青年就農支援事業の継続へ
    • 農業の担い手不足の解消へ
    • 県道20号八戸三沢線沿いに「産直施設」の建設検討(現ふれあい市規模)
  5. 圏域市町村のつながり強化
    • 公共交通網の維持
    • オンコちゃん大活躍
    • 自治体病院機能の再編成を調査、研究
    • 婚活事業の活性化

※内容詳細についてはこちら(公式HP)で確認をお願いします。
※五戸のオンコちゃんとは→こちら

公式HPより








五戸町長選挙2019の情勢と当確予想

今回(2019年)の五戸町長選は、前三浦町長から後継指名された若宮氏と、前回も町長選に立候補した川崎氏との一騎打ちとなりました。

1999年から続く静かな戦いの延長戦にも思えます。

前回(2015年)の町長選は前三浦町長と川崎氏の戦いでした。

2015年の五戸町長選挙の開票結果↓

結果得票数氏名年齢性別党派新旧主な肩書き
5930三浦 正名61無所属五戸町長
4901川崎 七保65無所属会社役員、元町議
  • 告示日:2015年6月2日
  • 投票日:2015年6月7日
  • 定数・立候補者数:1 / 2
  • 執行理由:任期満了
  • 有権者数:15,636人
  • 投票率:69.68%

 

川崎氏は祖父・父と町長経験者。ぜひご自分も、との気持ちは当然おありでしょう。

一方、三浦氏も、父・兄と町長を務める政治家一家であり、兄の町長任期途中の急逝に伴う町長選で、弟の三浦氏が町長を引き継いだという過去があるようです。

その時に戦ったのが川崎氏。ソース

 

1999年に一度顔を合わせ、その後3回は無投票当選で三浦氏が町長を務めはしましたが、2015年にもう一度選挙で戦い、2019年には後継者と川崎氏が戦うことに。

川崎氏の町長への思いもさることながら、三浦氏の執念にも脱帽です。

 

その三浦氏の後継指名を受けた若宮氏。三浦氏から全面的にバックアップを受けています。

公式HP・インスタグラムを拝見し、若さと勢いを感じました。やはり実績のある現職の後継者というアドバンテージは大きく、若宮氏が優勢でしょう。

ただ、

  • 30年で5000人以上減少している人口問題
    (23638人[1985年]→17433人[2015年]約25%の減少)
  • 県立五戸高校が今年度限りで募集停止予定せざるを得ない程の少子化問題
  • コメやナガイモ、ニンニク等、主要農産物の生産を手がける農家の後継者不足への対策

等、町には解決すべき問題が山積しています。

ただ単に「三浦町政を引き継ぐ」だけの単純な対応では困るのです。

 

川崎氏が立候補し選挙になることで、若宮氏にとって「今まで三浦町政の改善すべき点」を振り返るいい機会となったのではないでしょうか。

五戸町の発展につながるような選挙となりますように。


五戸町長選挙|2019年の投票日や期日前投票情報など

最後に五戸町長選挙2019における告示日や投票日・期日前投票期間などについてご紹介します。

選挙日(投票日)
2019年6月2日
投票時間
午前7時から午後8時まで
告示日
2019年5月26日
投票所
投票所入場券記載の投票所
期日前投票情報
5月27日~6月1日まで







同日執行の選挙

五戸町町長選挙2019と同日に執行される主な選挙は以下の通りです。選挙名をクリックして詳細をご確認ください。

参議院選挙2019特集
error: Content is protected !!